Posts In: AIH


2024年4月4日 お知らせ 0

やっと妊娠できました Iさん 34歳

京都 不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院です🌼

『やっと妊娠できました Iさん 34歳』

Iさんは、元々近くにある婦人科に通院しておられ

しばらくはタイミングで様子をみられていましたが結果に恵まれず、

不妊治療専門のクリニックへ転院された頃に

着床問題や体質改善の一環として当院にもご来院になりました。

また、現時点でIさんのご主人は他県にお住まいということで

結婚後もお住まいはそれぞれ別にあり、主に週末にご主人が京都へ来られるため

頻繁にタイミングをとるのが難しい状況でした。

<東洋医学的な判断>

《肝気鬱結(かんきうっけつ)》

ストレスや忙しさで気の停滞や

自律神経の乱れ、ホルモンの乱れを起こしやすい。

《脾虚(ひきょ)》

食べたものをエネルギーに変える力が

不足気味なため、卵胞を十分に育てたり

高温期を維持する力が弱い。

初診時のIさんは、平常の脈をしておられるものの、

歯形のついた紅い舌をされており、ストレスや胃腸機能に問題がある状態でした。

まだ不妊治療専門のクリニックに転院されたばかりで、

卵管造影等の一般的な検査はこれから受けられる予定でした。

タイミングを取られる予定の月経期にお見えだったため、

下に促すツボを使って生理をスムーズに終わらせる施術を行いました。

2回目にIさんがご来院になられた際には、前回の治療後に

こちらが好転反応としてお伝えしていた眠気を感じたとおっしゃっておられました。

その後は、こちらが指定した時期にきちんとご来院くださったこともあってか

来院された最初の周期で基礎体温が分かりやすく二相になったと

おっしゃっておられました。

転院されたクリニックで卵管造影検査も済まされ、

4周期ほどタイミングで様子をみられた後に

Iさんは体外受精にステップアップされることになります。

タイミングで様子をみられている間には、

Iさんの周りで出産ラッシュが続いたこともあり

「おめでとうと素直に喜べない自分が嫌で気分が沈んでしまう」とおっしゃって

ご自身も仕事を辞めて妊活に専念しようかと迷っておられ、

体外受精にステップアップされる頃には

Iさんは仕事を辞めてご主人が住んでおられる県に

引っ越しされることを決断しておられました。

注射が苦手で、当院の鍼治療を受けに来るのも

勇気が必要だったとおっしゃっていたIさんは、

採卵周期に行う注射を自分で行うか、

病院に通って注射してもらうかで迷っておられたこともあってか

採卵周期のご来院はなく、次にお見えになったのは採卵後でした。

採卵の結果は、18個採れた卵のうち12個が受精し

そのうち6個の胚盤胞を凍結することができました。

採れた卵のグレードがどれも良く、全ての卵にA判定がついていました。

次の周期に入る頃には卵巣の腫れも引いており、

初めての移植が決まられたIさん。

移植当日は鍼灸とレーザー治療で体の状態を整えて臨まれ

その後は、こちらがお伝えした時期にご来院いただけたこともあり

着床をサポートする施術を行いました。

そして、判定日に病院に行かれて妊娠されていることがわかりました。

おめでとうございます。

妊娠判定は陽性だったものの、クリニックでは担当医から

「まだまだ油断できない。流産する可能性も4割くらいある。」と言われたこともあり、

胎嚢や心拍の確認ができた後もしばらくIさんは不安な時期を過ごされました。

心拍確認後からは、吐くまではいかないものの

ムカムカして気持ち悪い状態が続き、食欲もなく

夜になると眠れず、午前3時頃に何とか入眠するという状態が続きました。

通院されているクリニックとは別の医療機関で

NIPT(新型出生前診断)の検査を受けられ、

陰性であったことから、少しずつIさんの不安も解消されていき

つわりがほとんどなくなった妊娠15週の頃に当院を卒業されました。

ご主人の住んでおられる県へ引っ越す予定だったこともあり

京都での妊活も時間が限られている中で、

無事に1回目の移植で妊娠に至られたIさん。

こちらがお伝えした時期に定期的に通ってくださっていたこともあり、

次第に妊娠できる体質に変わっていかれたのだと思います。

移植の際は、ネットで調べたゲン担ぎをして臨まれるなど

できることは全部やっておこうと思われたようで

色々とされていたお話が懐かしく感じます。

引っ越しをされる頃には、

ちょうど安定期に入られているという理想的な状態で

Iさんの卒業を見届けることができ、

当院としても安心して送り出すことができました。

「妊活と鍼灸」で気になる方は
お気軽にご連絡ください😊

一人でも多くの方が妊娠されますように。

アンケートはこちらから確認できます↓

https://karasumaoike.sakura.ne.jp/karasumaoike/wp-content/uploads/2024/04/2024_0404-scaled.jpg

当院ホームページ↓
https://www.karasumaoike.com/

【インスタグラム】もやっています
https://www.instagram.com/karasumaoike2018/?hl=ja

妊活でのご相談は
京都の妊活サポート
不妊治療専門の鍼灸・整体
烏丸御池鍼灸院へ

また、24時間予約可能なWeb予約やLINEでのご予約もご利用ください。

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

【WEBでの予約はこちら】
患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で
初回の方は【お任せコース】を作っています。
2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。
どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。


2024年3月6日 お知らせ 0

やっと妊娠できました Mさん 31歳

京都 不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院で🌼『やっと妊娠できました Mさん 31歳』

Mさんは、生理不順のため3~4年ピルを飲んでおられました。
結婚後はピルをやめて妊活を開始されましたが、
1年経っても妊娠に至りませんでした。
そこで不妊治療専門の病院に転院されたところ、
治療で処方された薬の副作用で内膜が薄くなってしまったことを不安に思われ、
病院を3ヶ月程お休みされている時に当院へご来院になりました。

<東洋医学的な判断>

《脾気虚(ひききょ)》
食べたものを気や栄養に変える力が弱く妊娠を維持するにもパワー不足傾向。

《肝気鬱結(かんきうつけつ)》
ストレスや忙しさで気の停滞や自律神経の乱れ、ホルモンの乱れを起こしやすい。

Mさんは、過去に2回流産の経験がおありで
病院では多嚢胞性卵巣症候群との診断を受けておられました。
初診時のMさんはキレイな舌をされているものの色が白めでした。
脈は張った脈をされており、普段から緊張やストレス状態であることがわかりました。

当院へご来院になった周期はタイミングをとられた後の高温期でしたので、鍼で高温期を支えるツボに刺激を入れました。

2回目のご来院は、初回の治療から約1ヶ月後の排卵期にお見えになられたので、排卵を促すような治療を行いました。

3回目のご来院も前回の来院から約1ヶ月後で、タイミングを
とられた後の高温期でお見えになられたため鍼で陽気を補うツボを使い、
便秘気味とおっしゃっていたこともあったのでお灸も行いました。
通院されていた病院では、診察の際に複数の医師から
それぞれ違った見解を伝えられたため不安になり、
他の病院でも話を聞いてみたいと思われたようで

4回目に来院された際には別の病院に転院していらっしゃいました。

今後は体外受精も視野に入れておられたということで、
転院先の病院では自己注射の練習もされたとおっしゃっていました。

5回目にお見えになったのは前回の来院から半年後でした。
すでに採卵を済まされ20個採れた卵から8個が受精し、

凍結できた1個の卵を移植される当日にご来院になりました。
移植後は、こちらがお伝えした通院ペースでご来院くださり
判定日には陽性判定が出るものの化学流産されました。

その後、生理がきた後に再び採卵されることになったMさん。
採卵周期も、こちらがお伝えしていた時期にご来院いただけたこともあり
鍼灸とレーザー治療でしっかりと体の準備をして臨まれたところ、
9個の卵が採れ、うち8個が受精し4個の胚盤胞を凍結することができました。

採卵後は、卵巣過剰刺激症候群もあって
下腹部痛があり腹水も溜まっていたため
一周期お休みを挟んで移植周期に入られました。

Mさんは教員というお仕事柄、移植の時期がちょうど忙しくなる
タイミングだったこともあり卵を2個戻すか悩まれ、
今回はグレードが2番目にいい卵を1個戻されることになりました。

移植当日も仕事が忙しくてあまり眠れていないとおっしゃっておられましたが、
鍼灸とレーザー治療で体の状態を整えて臨まれたところ、
移植後の夜はしっかり8時間の睡眠もとれて便秘も治ったということでした。

移植後も、こちらがお伝えした時期にご来院いただけたので、
ホルモンバランスを整えて着床をサポートする治療を行いました。
そして、判定日に病院に行かれ妊娠されていることがわかりました。

おめでとうございます。

妊娠後は、初めて胎嚢確認ができたと喜んでおられ
その後は順調に胎芽や卵黄のう、心拍の確認も済まされました。
早い段階からつわり症状がみられ、
吐き気や頭痛、お腹の張りがあった時期もありましたが、
仕事を在宅でできるようにする等して
ハードワークながらもご自身の体を第一に考えて過ごされました。

その頃にはMさんの舌の色は紅めになり、
脈の状態も力のあるいい脈に変わっておられました。
そして、妊娠15週に入った頃に当院を卒業となられました。

Mさんはご両親を含めた家族全員が教員の家庭でお育ちになられ、
ご主人も教員で、休日も部活動に参加のため忙しくされているということでした。
また、Mさん自身も今回の妊娠に至る移植をされた後に
同僚の教員が急に入院することになってしまい、
突然2クラスを掛け持ちで担当することになってしまう等
毎回の問診で伺うお話からも、日々忙しくされている様子が伝わってきました。

その中でも定期的に鍼灸にお越しくださったことで
次第に妊娠しやすい体質に変化していき、今回の結果に繋がったのだと思います。
卒業の際には、「実はアンケート(当院を卒業される患者さまにお願いしているもの)を
書くことに憧れていた」ということを知り、
当院としても卒業までサポートできたことを大変嬉しく思いました。

「妊活と鍼灸」で気になる方は
お気軽にご連絡ください😊

一人でも多くの方が妊娠されますように。

アンケートはこちらから確認できます↓

https://karasumaoike.sakura.ne.jp/karasumaoike/wp-content/uploads/2024/04/2024_0306-scaled.jpg

当院ホームページ↓
https://www.karasumaoike.com/

【インスタグラム】もやっています
https://www.instagram.com/karasumaoike2018/?hl=ja

妊活でのご相談は
京都の妊活サポート
不妊治療専門の鍼灸・整体
烏丸御池鍼灸院へ

また、24時間予約可能なWeb予約やLINEでのご予約もご利用ください。

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

【WEBでの予約はこちら】
患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で
初回の方は【お任せコース】を作っています。
2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。
どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。


2024年2月15日 お知らせ 0

やっと妊娠できました Uさん 40歳

京都 不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院です🌼
『やっと妊娠できました Uさん 40歳』

Uさんは、2人目を希望して

妊活に伴う血行循環や冷えを含む体質改善を希望してご来院になりました。

元々、チョコレート嚢胞があり、卵管狭窄もあったため

1人目を妊娠される際にFT(卵管鏡下卵管形成術)をされ、

その後、採卵も2回されたそうですが卵が胚盤胞まで育たなかったということでした。

そして、チョコレート嚢胞の手術をされ2ヶ月休まれた後に

タイミングをとられたところ自然妊娠で1人目を授かられたという経緯がありました。

2人目を希望して病院には9ヶ月ほど通われたそうですが

疲れてしまい、お休みしておられるタイミングで

知り合いの方から「鍼がいいよ」と教えてもらったということで

この度、当院へお越しくださいました。

<東洋医学的な判断>

《瘀血(おけつ)》

ストレスや気の停滞により血流が悪く、

着床しやすいきれいな内膜を作りにくい。

初診時のUさんの舌からは血の巡りが悪いサインが出ており、

全体的に白っぽく、少し震えもみられました。

脈も弱く、ご本人も疲れやすさを自覚しておられるということでした。

タイミングをとられる前の時期にお越しだったため

卵を育てる治療を行い、呼吸や姿勢の指導もさせていただきました。

Uさんは鍼灸自体が初めてで、治療を受けられた後は

こちらがお伝えしている好転反応の一つである「眠たさ」を感じておられました。

次の周期は生理中にご来院くださったので、

前周期の子宮内膜がキレイに剥がれ落ちるように

下に促すツボを使って治療を行い、

上半身にもマッサージをして血行を良くしました。

その次はタイミングをとられた後にお越しになられたのですが、

風邪をひかれていたようで咳がひどく、

喉の痛みを訴えられておられたため

全身の気を巡らせる治療を行い、

耳のツボシールを使って呼吸器にアプローチを行いました。

高温期にも一度お見えになられましたが、

まだ咳が出ていて脈も弱く、血の巡りが悪いサインも出ていたため

自律神経を整えて、全身の陽気を補う治療を行いました。

その後10日ほどして再度ご来院になり、妊娠の報告を受けました。

おめでとうございます。

病院の診察で胎嚢確認をされた後に当院へお越しくださいました。

ご本人の話では、「出血があったため生理がきたと思ったら出血が止まり、

着床出血かなと思ったら生理のようになってまた出血が止まった」ということでした。

胎嚢確認後も出血は続いている状態でしたが、医師の診断は「問題なし」ということで、

次の診察では胎嚢も大きくなっており無事に胎芽の確認もできました。

翌週には心拍の確認もでき、順調に育っているということでしたが

依然として出血が1日1回はあるということで不安な時期もありました。

徐々につわり症状も出てこられ、

めまいや吐き気等を訴えておられましたのでつわり抑制の治療も行いました。

妊娠13週に入られた頃にはつわり症状も落ち着かれ、

卒業を目前にした妊娠15週の頃には、

治療中に胎動を感じたということで喜んでおられました。

当院は妊娠22週で卒業になられたのですが、

卒業される頃には力のある脈に変わっておられました。

Uさんはご来院になった次の周期でめでたく妊娠に至ったため、

6回目の治療からは妊娠継続治療を行いました。

ご自宅が遠方で、出血があったため治療をお休みされた時期もありましたが

妊娠前も妊娠後も定期的にきちんと通ってくださったことで

妊娠しやすい体質に変化して、この度の妊娠に繋がったのだと思います。

Uさんも病院へ行くのをやめてすぐの妊娠になったので、

「とてもビックリしたのと鍼灸の効果を実感した」とのお言葉を頂き

私たちもとても嬉しい妊活のお手伝いになりました。

「妊活と鍼灸」で気になる方は
お気軽にご連絡ください😊

一人でも多くの方が妊娠されますように。

当院ホームページ↓
https://www.karasumaoike.com/

【インスタグラム】もやっています
https://www.instagram.com/karasumaoike2018/?hl=ja

妊活でのご相談は
京都の妊活サポート
不妊治療専門の鍼灸・整体
烏丸御池鍼灸院へ

また、24時間予約可能なWeb予約やLINEでのご予約もご利用ください。

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

【WEBでの予約はこちら】
患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で
初回の方は【お任せコース】を作っています。
2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。
どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。


2024年2月15日 お知らせ 0

やっと妊娠できました Tさん 40歳

京都 不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院です🌼
『やっと妊娠できました Tさん 40歳』

Tさんは、病院へ通院されるようになって3ヶ月が経った頃に来院されました。

高温期が短く、以前と比べて生理の日数も短くなっていることや、

1ヶ月前に受けられた卵管造影検査で片方に詰まりが見つかり、

今回の排卵が詰まっている側からになりそうだということで

何かできることはないか調べて当院へお見えになりました。

今後は体外受精も視野に入れておられ、

2週間後には体外受精のセミナーも受けられる予定でした。

<東洋医学的な判断>

《瘀血(おけつ)》

ストレスや気の停滞により

血流が悪く、着床しやすいきれいな内膜を作りにくい。

《肝気鬱結(かんきうつけつ)》

ストレスや忙しさで気の停滞や

自律神経の乱れ、ホルモンの乱れを起こしやすい。

Tさんは、タイミングで数回様子をみられた後の周期でお見えになりました。

初診時のTさんの舌は紅く、血の巡りが悪いサインが強く出ていました。

ちょうどタイミングをとられた後で排卵直前のご来院だったこともあり、

全身の気を補い、排卵を促す治療を行いました。

ネイリストというお仕事柄、前傾姿勢で長時間の集中力が必要なこともあり

呼吸が浅くなりやすく、前かがみになりがちだったことから

呼吸や姿勢の指導も行いました。

2回目のご来院の際には、前回の治療後から

基礎体温がキレイに高温期を保てるようになったと喜んでおられました。

その後、Tさんは通院されていた病院で体外受精のセミナーを受けられ

約1ヶ月半後に迫った40歳の誕生日までに採卵したいという希望を

担当医に相談するも反応がイマイチだったことや、

周期的にちょうど年末年始に採卵の時期が重なってしまう可能性もあったため、

3回目の来院の際には、当院が事前にご提案させていただいていた

年末年始も診療可能な別のクリニックへ転院しておられました。

転院後はリセット周期を挟み、Tさんは初めての採卵に臨まれることになります。

案の定、年末年始に重なった採卵で7個の卵が採れるものの、

そのうち成熟卵は1個で分割が桑実胚でストップしてしまうという結果になりました。

再度リセット周期を挟んで採卵することになったTさん。

初めての採卵で、思いのほか卵が採れなかったこともあり

仕事中に呼吸が浅くなっているのが良くないのかもしれない等色々考えて

改めて呼吸や姿勢を意識するようになったとおっしゃっていました。

前回は採卵が年末年始に重なったこともあってか、

生理から11日目での採卵になり、

担当医からも採卵日が1日早かったかもしれないと

言われたとおっしゃっていました。

次の周期で2回目の採卵が決まられ、

鍼灸とレーザーで体の状態を整えて臨まれた結果

今回は生理から12日目の採卵となりました。

14個の卵が採れ、そのうち7個が成熟卵になり

4AAの卵を含めた3個の胚盤胞を凍結することができました。

その後は、再びリセット周期を挟んで初めての移植に臨まれることになります。

当院は来院後2回目の施術からは鍼灸の後に

血流を良くする目的でマッサージを行うのですが、

ちょうどリセット周期に行ったマッサージの際に

Tさんの背中は左右で筋肉の付き方に差があるという

お話をさせていただいたところ、

ご自身も、お仕事柄、体の重心が片方に寄ってしまっている自覚があったということで

移植周期からは鍼灸治療と併用して整体の治療もされることになります。

移植周期に入り、初めて行った整体治療の際には

施術後に前屈で床に指が付くようになったと喜んでおられました。

移植当日は、鍼灸・整体・レーザーのセットで治療をさせていただき

万全の状態で移植に臨まれました。

移植後も、こちらがお伝えした通院ペースできちんとご来院くださり、

整体治療も継続して受けられ、

施術後にはご自身で関節が正しい位置に戻った感覚がおありだったのか、

「古い機械に油をさしたような感覚」とおっしゃっておられました。

その後、判定日にクリニックへ行かれ妊娠されていることがわかりました。

おめでとうございます。

クリニックでは、尿検査のみでの判断だったということで

妊娠判定の際に採血をして指標となるHCGの値がわからず心配しておられましたが、

その数日後には無事に胎嚢確認もでき、

その後は順調に心拍確認も済まされ、

つわり症状もそれほど強く出なかったこともあり

妊娠15週を迎えられた頃に卒業となりました。

Tさんは、初診時はご自宅の近くにある病院へ通院されていましたが、

上記のような経緯もあり、少し離れたクリニックへ転院されることになりました。

当初は、「とりあえず今回は転院したけど、通うのが大変だから今後はどうしよう」と

迷われていました。

しかし、妊娠されて産科の病院を探しておられる際に

「(現在通院している)このクリニックに来てよかった。

先生もスタッフの方たちも「おめでとう」という言葉をかけてくださって、

このクリニックも卒業になるのかと思うと寂しかった」という言葉を伺って

Tさんとご紹介したクリニックの相性が合っていて良かったと思いました。

採卵で卵がうまく採れない時期もありましたが、

Tさんは定期的に当院へご来院くださいました。

早い段階で、「ここに通うようになってから、

いつも生理の時に飲んでいた痛み止めを全く飲まなくなった」とおっしゃっており、

当院としてもTさんの体に変化が起きていることを実感することができました。

その後に行った採卵と移植ですぐ妊娠に繋げることができたのも、

定期的に来院してくださることで、

次第に妊娠しやすい体質に変化していった結果だと思います。

「妊活と鍼灸」で気になる方は
お気軽にご連絡ください😊

一人でも多くの方が妊娠されますように。

アンケートはこちらから確認できます↓

https://karasumaoike.sakura.ne.jp/karasumaoike/wp-content/uploads/2024/04/2024_0215-scaled.jpg

当院ホームページ↓
https://www.karasumaoike.com/

【インスタグラム】もやっています
https://www.instagram.com/karasumaoike2018/?hl=ja

妊活でのご相談は
京都の妊活サポート
不妊治療専門の鍼灸・整体
烏丸御池鍼灸院へ

また、24時間予約可能なWeb予約やLINEでのご予約もご利用ください。

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

【WEBでの予約はこちら】
患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で
初回の方は【お任せコース】を作っています。
2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。
どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。


2024年1月17日 お知らせ 0

やっと妊娠できました Kさん 31歳

京都 不妊専門鍼灸院 烏丸御池鍼灸院です🌼
『やっと妊娠できました Kさん 31歳』

Kさんは、体の冷えや卵、着床問題の改善を希望して

当院へご来院になりました。

10ヶ月前から、仕事帰りに行きやすい場所にある

婦人科クリニックへ通院されていましたが、

そこでは一般的な不妊治療で行われる検査をしていなかったため、

当院へご来院になった次の周期からは

不妊治療専門のクリニックへ転院されることになります。

<東洋医学的な判断>

《腎陽虚(じんようきょ)》

寒さに弱く、足腰の冷えや月経痛を伴う。

体が冷えることで、水分代謝が悪くなりむくみが生じやすい。

《瘀血(おけつ)》

ストレスや気の停滞により

血流が悪く、着床しやすいきれいな内膜を作りにくい。

初診時のKさんは、冷え性を訴えておられ強い足の冷えがあるものの

舌は赤く、足が乾燥していて体に熱がこもっている状態でした。

(東洋医学では、このように「冷え」と「熱」が同時に存在する状態を

「虚実挟雑(きょじつきょうざつ)」といいます。)

Kさんはタイミングで半年ほど様子をみられた後の周期でお見えになりました。

4ヶ月前に受けられた通水検査では卵管に問題はなく、

フーナーテストは受けておられないものの、

ご主人の検査でも問題は見当たらなかったということでした。

初診時は月経期から卵胞期へ移行する時期にご来院だったこともあり、

子宮内に残っている経血があれば下へ促しつつ卵を育てる治療を行いました。

Kさんは当院へご来院になって1ヶ月後に

不妊治療専門のクリニックへ転院され、

そちらでフーナーテストや卵管造影検査をされました。

卵管造影検査は問題がなかったものの、フーナーテストが不可だったため

ご主人は男性不妊のクリニックを受診されましたが、

そこでは問題が見つからず、ASAを疑うも結果は陰性でした。

次の周期でもフーナーテストの結果が不可だったため、

人工授精へステップアップされることになります。

初めての人工授精の周期は、月経期と人工授精の前日にお見えになったKさん。

初診時に「元々、生理周期がバラバラで40日と長い時もあれば

反対に短い時もあって安定していない」とおっしゃっていましたが

この頃には大体30日前後で安定した周期を保てるようになられていました。

この周期のKさんは、卵の大きさが20mmで内膜の厚さも10mmと順調に経過するも

1年前は問題がなかったご主人の運動率が優れず、

洗浄後の値がギリギリWHO基準を上回るも、妊娠には至りませんでした。

その後の周期でも2度の人工授精をされましたが、

ご主人側の数値が大きく改善することはなかったため、

リセット期間を設けた後に体外受精へステップアップされることになります。

初めての採卵では、鍼灸とレーザーで体を整えて臨まれたこともあってか

18個の卵が採れ、うち14個が授精し

そのうち胚盤胞が4個と6日目の胚盤胞が1個の

計5個の卵を凍結することができました。

次の周期で初めての移植が決まり、

移植の当日は鍼灸とレーザーで体の状態を万全にして臨まれたところ

初着床され、胎嚢確認は済まされるも心拍の確認ができず流産されました。

その後は、リセット周期を挟んで再度移植に臨まれ、

低いながらHCGの値は出るも結果には繋がりませんでした。

次の周期でも移植をすることになったKさん。

トリオ検査を受けるか迷っておられましたが、

主治医と相談した結果、今回は初めて2個の卵を戻すことになりました。

春先でまだ寒さが残る時期だったことと、Kさんに強く出ている足の冷えや

これまで行った2回の移植の経緯を踏まえて

今回はお灸や全身の陽気を補うツボを多く使ってその都度施術を行いました。

Kさんご自身もこちらが指定した通院ペースで来院してくださったこともあり、

判定日に病院へ行かれて妊娠されていることがわかりました。

おめでとうございます。

HCGの値が1900と高く、後日、双子であることがわかりました。

妊娠初期から吐き気や出血があり、次の週には2つの心拍が確認できるものの

妊娠7~8週に入った頃に片方の赤ちゃんの成長がゆっくりであることがわかり、

妊娠9週でバニシングツイン

(双子のうちの片方がお腹の中から消えてしまう現象)になりました。

その後は出血が続いた時もありましたが、

赤ちゃんの経過は順調で大きさや心拍にも問題はないということで

不妊治療専門のクリニックから産科へ移られ、

当院もつわりがほぼ治まった妊娠15週の頃に卒業になられました。

Kさんは体質的に足の冷えが大変強く、

当院でも頻繁にお灸をさせていただいたうちの一人です。

当院へ通われるようになり、早い段階で

「虚実挟雑」でみられた「熱」症状はなくなりましたが

「冷え」症状は強く残っていたため、

ご自宅でのセルフケアとしてお灸をおススメしました。

ご自身で実践されるも「足が冷えすぎていてお灸をやっても全くわからない」と

いうことでしたので、当院へご来院になられた際は

鍼や灸で重点的に血の巡りを良くして冷えを取り除く治療を行ったところ、

最終来院日には脈の状態も良く、舌もキレイな色になっておられ

ご自身からも冷えがマシになったとのお言葉をいただきました。

また、Kさんのご主人も採卵周期には

当院の施術を受けに来てくださったことや

Kさんご自身もこちらがお伝えする通院ペースで

定期的に来院してくだっていたことで

次第に妊娠しやすい体質に変化していき

今回の妊娠に繋がったのだと思います。

「妊活と鍼灸」で気になる方は
お気軽にご連絡ください😊

一人でも多くの方が妊娠されますように。

アンケートはこちらから確認できます↓

https://karasumaoike.sakura.ne.jp/karasumaoike/wp-content/uploads/2024/04/2024_0215-scaled.jpg

当院ホームページ↓
https://www.karasumaoike.com/

【インスタグラム】もやっています
https://www.instagram.com/karasumaoike2018/?hl=ja

妊活でのご相談は
京都の妊活サポート
不妊治療専門の鍼灸・整体
烏丸御池鍼灸院へ

また、24時間予約可能なWeb予約やLINEでのご予約もご利用ください。

【LINEでのご予約・ご相談はこちら】24時間受付中です。

【WEBでの予約はこちら】
患者さんからどのコースを選んでいいのかわからないとのお声で
初回の方は【お任せコース】を作っています。
2回目以降の方は【2回目以降のご予約用】を作りました。
どちらもシステム上、料金が記載されていますが、仮ですのでご安心ください。